現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を知る > 資産紹介-登録資産目録
ここから本文です

登録資産目録

1.名 称

紀伊山地の霊場と参詣道
(Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range)

2.遺産の種別

文化遺産    記念工作物、遺跡(文化的景観)

(参考) 世界遺産 ①自然遺産
②文化遺産 ⅰ 記念工作物
ⅱ 建造物群
ⅲ 遺跡(文化的景観を含む)

3.所在地(3県で合計26市町村にまたがる)

(2016年10月24日現在)

和歌山県 新宮市  
田辺市  
橋本市  
伊都郡 かつらぎ町、九度山町、高野町
西牟婁郡 上富田町、白浜町、すさみ町
東牟婁郡 串本町、那智勝浦町
奈 良 県 五條市

吉野郡 吉野町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村
三 重 県 尾鷲市  
熊野市  
度会郡 大紀町
北牟婁郡 紀北町
南牟婁郡 御浜町、紀宝町

4.資産の種別

資産は、5に掲げる資産から構成され、文化財保護法に基づき、史跡7件、史跡・名勝1件、名勝1件、名勝・天然記念物1件、天然記念物4件が指定されている。また、国宝4棟、重要文化財23棟の建造物が含まれている。

5.構成資産の内容

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、修験道の拠点である「吉野・大峯」、熊野信仰の中心地である「熊野三山」、真言密教の根本道場である「高野山」の三霊場及び、それらを結ぶ「参詣道」から構成される。


登録資産目録

  推薦資産 種 別 年 代 概    要



吉野山 遺跡・景観 有史以前 山岳信仰と修験道の聖地
吉野水分神社 遺跡 有史以前 吉野山の地主神を祀る神社の遺跡
吉野水分神社社殿 記念工作物 1604 装飾性豊かな神社建築群
金峯神社 遺跡 有史以前 吉野山の地主神を祀る神社の遺跡
金峯山寺 遺跡 12C 修験道の中心寺院及び付属施設の遺跡
金峯山寺本堂 記念工作物 1592 修験道の中心寺院の大型木造本堂
金峯山寺二王門 記念工作物 1456 修験道の中心寺院の大型木造二重門
金峯山寺銅鳥居 記念工作物 15C半 修験道の修行の入り口として重視されてきた銅製大鳥居
吉水神社 遺跡 12C 金峯山寺に付属した寺院の遺跡
吉水神社書院 記念工作物 15C前半 修行者の滞在所兼宿泊所として用いられた大型書院
大峰山寺 遺跡 8C初 修験道の本尊が出現したという高山の山頂にある寺院を中心とする修行場及び遺跡
大峰山寺本堂 記念工作物 1703 峻険な山頂に建つ修験道の大型木造仏堂



熊野本宮大社 遺跡 1891 熊野三山を構成する三神社の一つ
熊野本宮大社社殿 記念工作物 1801-1807 熊野独特の建築様式を保つ神社建築群
旧社地大斎原 遺跡 有史以前 熊野川の中洲に位置する熊野本宮大社の旧社地及び付属寺院の遺跡
備崎経塚群 遺跡 12-14C 旧社地を望む熊野川岸の丘陵にある経塚の群集遺跡
熊野速玉大社 遺跡・景観 有史以前 巨石崇拝に起源し、熊野三山を構成する三神社の一つ
熊野速玉神社のナギ 天然記念物 樹齢800年 神木として丁重に扱われてきた老樹
熊野那智大社 遺跡・景観 有史以前 滝崇拝に起源し、熊野三山を構成する三神社の一つ
熊野那智大社社殿 記念工作物 1853 熊野独特の建築様式を保つ神社建築群
青岸渡寺 遺跡
5C前半 滝に出現した観音を本尊とする寺院
青岸渡寺本堂 記念工作物 1590 観音巡礼の霊場である寺院の大型木造本堂
青岸渡寺宝篋印塔 記念工作物 1322 尼僧が建立した大型石塔
那智大滝 景観 有史以前 古代から信仰の対象とされてきた日本一の滝
那智原始林 景観 有史以前 神域として保護されてきた原始林
補陀洛山寺 遺跡 5C前半 観音の浄土「補陀落山」に渡海する信仰の拠点であった寺院の遺跡


丹生都比売神社

遺跡

有史以前
金剛峯寺の鎮守である神社及び仏教施設の遺跡と参詣道
丹生都比売神社本殿 記念工作物 1306・1469
1715・1901
高野山地域の地主神及び他地域から勧請された神々を祀る神殿
丹生都比売神社楼門 記念工作物 1499 神殿の前の大規模な木造楼門
金剛峯寺 遺跡・景観 816 真言密教の山上修行道場として創建された金剛峯寺の境内地
<伽藍地区> 遺跡 816 金剛峯寺の創建以来の中心地
金剛峯寺山王院本殿 記念工作物 1523 金剛峯寺の鎮守として勧請された地主神を祀る神社
金剛峯寺不動堂 記念工作物 1198 皇族によって建立された山上祈願所の遺構
<奥院地区> 遺跡・景観 835 金剛峯寺を創建した僧空海の御陵を中心とする地域
金剛峯寺奥院経蔵 記念工作物 1599 有力武家が母親の供養のために寄進した経典の収蔵庫
佐竹義重霊屋 記念工作物 1599 地方の有力武家の木造霊屋
松平秀康及び同母霊屋 記念工作物 1604・1607 地方の有力武家の石造霊屋
上杉謙信霊屋 記念工作物 17C前期 地方の有力武家の木造霊屋
<大門地区> 遺跡 12C 金剛峯寺の正門である大門を中心とする地域
金剛峯寺大門 記念工作物 1705 金剛峯寺の正門である巨大な木造二重門
<金剛三昧院地区> 遺跡 1211・1223 有力武家出身の女性が夫と子の山上菩提所として建立した寺院
多宝塔 記念工作物 1223 真言密教の思想を凝縮した多宝塔の発祥の地高野山でも最古の多宝塔
経蔵 記念工作物 1223 日本の伝統的な倉庫形式を保つ経典の収蔵庫
四所明神社本殿 記念工作物 1552 高野山の鎮守を勧請した神社
客殿及び台所 記念工作物 17C前半 参詣者の応接と宿泊のための建造物
<徳川家霊台地区> 遺跡 1641 徳川幕府の将軍の霊屋を中心とする地域
金剛峯寺徳川家霊台 記念工作物 1641 徳川幕府の初代・二代将軍のための装飾華麗な木造霊屋
<本山地区> 遺跡 1592 金剛峯寺の宗務上の中心地である本坊がある地域
慈尊院 遺跡 9C前半
金剛峯寺の山下政所として創建された寺院
慈尊院弥勒堂 記念工作物 14C 本尊である弥勒仏坐像を安置する本堂
丹生官省符神社 遺跡 9C前半
金剛峯寺の山下政所の鎮守として勧請された神社
丹生官省符神社本殿 記念工作物 1517・1541 地主神及び地方から勧請された神々を祀る神殿


大峯奥駈道 遺跡・景観 8C初 吉野・大峯と熊野三山を結ぶ修験者の修行の道
仏経嶽原始林 景観 有史以前 大峯奥駈道沿いにある中世以来保護されてきた天然林
オオヤマレンゲ自生地 景観 有史以前 「天女花」と呼ばれて修験者に愛でられてきた花木の自生地
玉置神社境内 遺跡・景観 有史以前 大峯奥駈道沿いにある古代の山岳信仰に起源する神社
玉置神社社務所及び台所 記念工作物 1804 神社に付属する修験道の寺院の遺跡
熊野参詣道 遺跡・景観 10C前半以前 熊野三山への参詣者が数多く通行した道
中辺路 遺跡・景観 有史以前 京都と熊野三山及び熊野三山相互を結ぶ最も主要な参詣道
湯峯温泉 遺跡・景観 有史以前 熊野本宮大社近くにある湯垢離の場
熊野川 遺跡・景観 有史以前 熊野本宮大社と熊野速玉大社を結ぶ「川の参詣道」
小辺路 遺跡・景観 1573以前 高野山と熊野三山を結ぶ参詣道
大辺路 遺跡・景観 8C 紀伊半島西岸を通る参詣道
伊勢路 遺跡・景観 10C後半以前 紀伊半島東岸を通り、伊勢神宮と熊野三山を結ぶ参詣道
七里御浜 遺跡・景観 有史以前 海岸美に恵まれた参詣道
花の窟 遺跡・景観 有史以前 伊勢路の分岐点に位置する巨岩崇拝の神社
熊野の鬼ヶ城附獅子巖 遺跡・景観 有史以前 伊勢路沿いにある景勝地
高野参詣道 遺跡・景観 9C前半 山麓の紀ノ川沿いから高野山へ向かう参詣道及び高野山を囲繞する女人道

このページのトップに戻る