現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を学ぶ > 世界遺産セミナー >令和元年度 第4回 世界遺産セミナー
ここから本文です
和歌山県世界遺産センター主催 令和元年度 第4回 世界遺産セミナー

「九度山町の世界遺産周辺の景観」
講師:山本 新平(やまもと しんぺい)
(九度山町教育委員会社会教育課社会教育指導員)

令和元年12月15日(日) 13:00~15:00
九度山町中央公民館 大会議室
(九度山町九度山1190)
参加費:無料(定員:約40名)

世界遺産全般及び「紀伊山地の霊場と参詣道」の理解を深めるとともに、世界遺産の保全と活用について県民の皆さんと一緒に考える場として、令和元年度第4回世界遺産セミナーを開催します。

【講演要旨】
 九度山町内には世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』に登録されている参詣道のうち「町石道」と「黒河道」が所在し、広く知られ、大勢の人々が訪れています。この他にも高野七口のうち「京大坂道不動坂」が河根地区を通過しており、また慈尊院から九度山・椎出を経て神谷で不動坂道に繋がる「槇尾道」も古くから開かれた参詣道です。これらに関わる北又・河根・椎出・九度山などの優れた景観を紹介します。

【講師プロフィール】
昭和22年生まれ。和歌山大学大学院システム工学研究科修了。昭和45年から平成23年まで、和歌山県教育庁文化遺産課、紀伊風土記の丘、公益社団法人和歌山県文化財センターで勤務。
専門は日本建築史。近世社寺建築の調査や重要文化財や県指定建造物の保存修理、町石道と熊野参詣道の調査と整備等を担当。
平成25年から九度山町教育委員会社会教育指導員として町内文化財の調査等を担当している。

  • 記載内容は都合により、変更する場合もあります。予めご了承下さい。
  • 事前申込みは不要です。
  • 悪天候により暴風警報・大雨警報が発令された場合は中止致します。
  • その他、詳細は下記「和歌山県世界遺産センター」までお問い合せ下さい。
    和歌山県世界遺産センター
    TEL 0735-42-1044 FAX 0735-42-1560

会場(九度山町中央公民館)の位置

このページのトップに戻る