現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を守る > 10万人の参詣道「環境保全」活動
ここから本文です

10万人の参詣道 環境保全活動 紀伊山地の霊場と参詣道 10万人の参詣道 環境保全活動

  紀伊山地には、自然崇拝を起源とする神道の霊場「熊野三山」、中国から伝来した真言密教の霊場「高野山」、山岳信仰の聖地であり修験道の霊場である「吉野・大峯」という三つの霊場とそこに至る「参詣道」が所在します。

 これら霊場と参詣道は、信仰の対象となるべき諸神、諸仏が千年の歴史を越え、今も人々の心の拠りどころとなっており、また、日本人の精神的な“ふるさと”とも呼べる場所であります。

 その世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が2009年7月に登録5周年を迎えました。その本質的価値を再認識し、次世代に良好な状態で資産を承継するため、県では「10万人の参詣道『環境保全』活動」を実施しています。

10万人の参詣道「環境保全」活動

環境保全活動

文化財保護専門家による指導のもと、参詣道の保全活動(道普請・清掃・景観保全等)を推進しています。

  • 企業CSR等環境保全活動
  • 次世代育成環境保全活動
  • 来訪者(語り部引率等)による環境保全活動 等

お問い合わせ・申込先

和歌山県 商工観光労働部 観光局
観光振興課 世界遺産班

〒640-8585
和歌山県和歌山市小松原通一丁目1番地
TEL 073-441-2424  FAX 073-432-8313
E-mail : e0624001@pref.wakayama.lg.jp

募集要項はこちら

申込書ダウンロード(PDF)

未来への架け橋「世界遺産保全ウォーク」

高野山町石道や熊野古道を語りべや世界遺産マスター、ウォーキングインストラクターと歩き、道の補修や清掃を行います。

参詣道

このページのトップに戻る