現在表示しているページ
ホーム > 世界遺産を守る > 令和2年度 和歌山県世界遺産マスター募集
ここから本文です

令和2年度 和歌山県世界遺産マスター募集

和歌山県では、民間の活力を活かし、官民共同で世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全と適正な活用を推進するため、「和歌山県世界遺産マスター」(以下、世界遺産マスターという)制度を設けており、現在120名の方が世界遺産マスターとして活動されております。

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、自然と人々の営みが長い時間をかけて形成した「文化的景観」が主役であり、世界でも類を見ない資産として価値が高いものです。このかけがえのない資産の保全・活用及び啓発活動に熱意を持って取り組まれる方を募集します!

世界遺産マスターの活動内容

  1. 世界遺産及びその周辺のパトロール
  2. 世界遺産の保全及び適切な活用に影響を及ぼす事象を発見した際の県への情報提供
  3. 世界遺産の保全・活用に関する。普及啓発(セミナー講師等)

研修会受講者の定員

  • 30名
    ※応募者が定員を超えた場合は、抽選とします。
    ※3日間の全研修を修了後、試験に合格された方を世界遺産マスターに認定します。

応募方法

  • ①住所 ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④生年月日 ⑤性別 ⑥電話番号 ⑦職業 ⑧FAX番号(お持ちの方) ⑨応募動機 を記入の上、はがき・FAX・Eメールのいずれかの方法でお申し込みください。
    ※様式自由
    ※受講が決定後、顔写真(縦4cm×横3cm、脱帽・無背景・正面上半身)を提出いただきます。

募集期間

  • 令和2年10月26日(月)~11月27日(金)(当日消印有効)

募集要項配布先

応募先・お問い合わせ先

  • 〒640-8585 和歌山市小松原通1-1 和歌山県観光振興課世界遺産班
    TEL:073-441-2424 FAX:073-432-8313
    MAIL: e0624001@pref.wakayama.lg.jp

このページのトップに戻る